Brewpub Ergo bibamus

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SNS
Profile
Selected Entries
Categories
Archives





Sponsored
Others


タップの裏側

また随分と更新してませんね…すみません。


最近はエルゴを含め多くのビール屋で、樽もビールホースも冷やされた状態でビールを提供するようになりました。

しかしタップ部分は常に室温に晒されるため汚れが付着しやすいのです。

なのでエルゴでは毎日タップを分解洗浄している話は以前しました。


今回はその裏側、ビールホースのお話です。


一般的にビールホースはPVCという塩化ビニールで出来ています。

そう、安価な素材です。


使用環境にもよりますが汚れの付着が早く、定期的にスポンジを通したり薬品洗浄したりしても汚れを取りきれていない、そんな飲食店をたまに見かけます。

燻製ビールやフルーツビールをつないだ後、薬品洗浄しても臭いが落ちないと嘆いている方いますよね。

そうなったら潔くホースを新しいものに交換しましょう。


でも臭いの強いビールの後だから気づいたのでしょうが、アメリカンIPAの後に違うアメリカンIPAをつないだとき、前のビールの匂いが残っているか厳しくチェック出来ているでしょうか?


飲食店の方、ビールのラインを洗浄した後すぐに試飲をしていませんか?


PVCホース自身がが吸着してしまった臭いが、数十分数時間液体と触れている間にホースから液体に臭い移りしていませんか?


洗浄後直ぐに味見をした時は良くても、しばらくホース内で留まったビールはホースから臭い移りしている可能性があり、1人目のお客さんや暫くそのビールが出なかった後に注文したお客さんは本来の味わいを楽しめていないかもしれません。


ホースを洗浄したらホースの中に水を留まらせ、しばらくしてからその水を味見することをオススメします。


しかし、いくらビールホースを新品に交換するといっても交換直後の場合に比べ、交換直前の場合ではやはり汚れの影響を受けているのではないでしょうか。

タップと同じですが、汚れたら洗うではなく汚れをつけさせないという事が大事だと思います。


なのでエルゴではフッ素加工ホースを使っています。

医療現場や研究施設、勿論食品生産現場でも使用されるものです。

身近なものでいうとフッ素は歯磨き粉にも入っていますし、便器もフッ素加工されていたりします。

そうフッ素加工する事でとても汚れがつきにくくなり臭いもつきにくくする事が出来ます。


しかし高性能な分お値段はかなりします…

PVCホースの3倍はしますね。

それが何メートルも。しかもエルゴは12本。

実は見えないタップの裏側にかなりお金が掛かっていたりします。


今日4/23日はビール純粋令の記念日でありドイツビールの日です。

エルゴでもクリアな味わいのジャーマンピルスナーや匂いの強いラオホをつないでいます。


そういったビールを扱うからこそ、ピカピカの清潔なラインを心がけています。



| 2019.04.23 Tuesday * 08:58 | brewpub ErgoBibamus | comments(0) | - |
2019年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。

 

すっかりサボってしまったブログですが、久しぶりに更新です。

 

年末年始は30日から5日まで連続営業。

初めてだしとりあえずやってみよう!とのことで。

流石に疲れますね(笑)

 

嬉しいことに

エルゴで忘年会をしてくれたり、

年越しを一緒に迎えてくれたり、

お酒をご馳走してくれたり、

年明けエルゴ一番乗りを狙ってきてくれたり、

お土産をくれたり、

風邪をひいたニシノに色々差し入れも頂きました。

 

いろんな方の生活の中で、我々のことが片隅にでもあることを嬉しく思います。

 

寒い中、足を運んでいただき誠にありがとうございます。

 

思い起こせば、

この新築物件を見つけたのが2017年12月。

それまで1年以上も探していましたが良い物件に出会えず、

2018年1月21日で30歳になれば金融公庫の若者起業家支援資金も申請できなくなってしまうギリギリのタイミング。

完璧な理想の物件とは言えないものの、腹をくくり事業をスタート。

 

2018年3月にはパブをオープンして6月ぐらいには製造免許もおりるかなと考えていたのですが…

建設業者や醸造設備業者の遅れで、パブのオープンが6月11日になってしまい…

貯金を食いつぶす日々(涙)

その他様々なトラブルがあり、ここでの起業は無理なのでは?と思うことが何度かありました。

2018年上半期だけでエピソードがてんこ盛りです(笑)

 

お店を始めてからは、

以前から知り合いの方、

新しく出会った方、

様々な方が常連になってくれました。

 

初めはビールを造るためにBrewpubをと考えていました。

人見知りだし接客は苦手な我ら。

資金があればパブなしの工場を建てたかったくらいです。

それがいつしか、

ビール造りを焦るより、

まずパブを良くしよう、

どうしたら皆さんがより喜んでくれるだろうか?と考えるように。

いつの間にかビールを造る事より、パブを造り上げる事のほうが大事になっていました。

 

どうやらニシノも血の通った人間のようです(笑)

 

そうはいっても皆さんが我らのビールに期待を寄せているのは重々承知。

遅れに遅れましたが、ついに2019年1月に製造免許を取得することとなりましたし、ビール造りも頑張ります!

おそらくリリースは2月下旬になるかと思います。

まぁニシノが言うことは大抵遅れるので期待はしないでください。

 

よく聞かれるのが2つ。

まず「どういったビールを造るの?」

色んなビールを造ります。

ビール最大の魅力は多様性だと思いますし、

他のお酒に比べて仕込みシーズンというものがなく何度も仕込めますから、そりゃ色々やりたいです。

勿論Brewpubに向いているもの向いていないものもありますが。

 

そして「最初は何を造るの?」。

決めてません。だいたい絞ってはいますが直前まで自分でもわかりません。

 

もうこの二つは一生分問われたと思います。

なのでこういう質問をすると適当な返事が返ってくると思うのでご注意ください(笑)

 

 

本当に激動の2018年でした。

 

 

 

 

今日こそは録画したテレビを観ます。

未だに夏の話をしていますが、秋録画分まで観れるかな?

| 2019.01.06 Sunday * 12:45 | brewpub ErgoBibamus | comments(0) | - |
美味しさの秘密

こんなに美味しい○○ははじめてだ」、「同じビールなのに他所で飲むのより美味しい」と言われることが多々あります。

「なにか秘密はあるの?」とも言われますが正直に答えます。

「何もしてません」と。

美味しいビールしか仕入れてませんから、そのまま注げばいいだけです。

 

強いて言うのならサーバーの洗浄でしょうか。

 

一般的にビールホースは

毎日の水通し

2週間に一度のアルカリ洗浄(有機系の汚れ)

数ヶ月に一度の酸洗浄(無機系の汚れ)

をしましょうと言われているそうです。

 

初めてこれを聞いたときは「え、そんなものなんだ」と思いました。

 

エルゴでは1週間に一度、アルカリと酸を用いてビールホースを洗います。

 

また樽とビールホースはプレハブ冷蔵庫内に入っているため常に冷やされた状態ですが、

タップ(ビールの出る蛇口)は室温に晒されるため毎日分解してアルカリと酸で洗います。

 

使用まで間があくときは殺菌剤も使います。

 

やりすぎでは?と思われるかもしれませんが、

生化学実験・研究、ブルワーを経験してきた身からするとこれくらいするのが当たり前で、

やらないとむしろ落ち着きません(笑)

 

汚れたら洗う。

ではなく。

汚れる前に洗う。

それくらいの気持ちで洗ってます。

 

一般的な飲食店では知識・経験やコスト的に難しいかもしれませんが、

興味がある方には協力いたしますので声かけてください。

 

| 2018.07.01 Sunday * 14:17 | brewpub ErgoBibamus | comments(0) | - |
ビールのラインアップについて

11日にオープンして漸く落ち着いて来たエルゴ。

とは言っても色々未完成でいっつもバタバタしていますが


ちょっとここらで提供したビールについて振り返ってみます。


ベアレンのクラシック。

「世界に伝えたい日本のクラフトビール」で1位になってから関東でも飲める機会が増えましたが、やはりこれを飲む方が多かったですね。


ベアレンのアルト。

同じくベアレンの定番。何杯もおかわりする方が結構いました。

どうですか定番。美味しいでしょ?


タッチダウンの清里ラガー。

驚異のおかわり率ですぐに無くなってしまいました。

お米入りのラガーなんて流行とは真逆ですが、とても好評なビールでした。

また入れます!


金鬼ペールエール。

国産で好きなペールエールといえば金鬼。

熱狂的ファンから、「鬼伝説って?(笑)」からの「何これ美味しい!」という方まで。


箕面スタウト、ペールエール

その美味しさは皆さん知っているものの、「久しぶりに見た」、「こんなに美味しかったっけ?」と大絶賛!


ラーデベルガー。

こんなに美味しいラーデベルガーはじめて!とお褒めの言葉が。

色々入れたいラガーが有るのに、早くまたラーデベルガー入れたくてウズウズ。


プランクのヘーフェヴァイツェン。

これを目当てに来店する方もいれば、全然クラフトビールわからないという方がこれを飲んでとても気に入ったり。

この季節には合わないしっかりしたヴァイツェンながら、とても人気でした。



お気付きのとおり、限定とか濁りとか流行りものはありません。

定番やシーズナブルが中心。

横浜では珍しくヨーロッパ系も。


因みに24日のラインアップは

エーデルワイス スノーフレッシュ

ロコビア 佐倉香りの生 

プランク ピルザール 

富士桜高原麦酒 ヴァイツェン

ロコビア ライ麦セゾン

ベアレン シュバルツ

タッチダウンビール プレミアムロックボック

KneeDeepBrewing Broken Dishes IPA

bosteels TripelKarmeliet 



試飲した事もない超限定を買うつもりも無いし、コレは絶対に美味しいから飲んでというビールしかありません。


かくいう私も野毛とかで限定物飲みますけどね(笑)

限定という言葉に弱い。冒険したい。

でもそう言うお店はたくさん有るのでそちらに任せます。

エルゴは間違いなく美味いビールを落ち着いて楽しんでいただければと思います。

| 2018.06.23 Saturday * 14:23 | brewpub ErgoBibamus | comments(0) | - |
オープンしました!って遅すぎか…

 

6月11日にBrewpub Ergo bibamus オープンしました!

 

 

あまりに忙しく、更新が遅くなり申し訳ございません…

 

日々少しずつですが改善しているのでご勘弁を。

 

 

営業時間ですが、

平日は17時〜23時

土日祝日は15〜23時

共にラストオーダーが22:30となります。

 

定休日は設けず不定休とします。

来週は20日水曜日と23日土曜日が休みとなります。

 

醸造の方は秋以降になりそうです。

 

 

ビールラインアップですが、

ベアレン

タッチダウン

鬼伝説

箕面

など日本のもの、

ラーデベルガー

プランク

トリペルカルメリート

ニーディープ

など海外のものも。

 

フードは、

アルトフレンキッシュ(ビアバーブーシェル)

ポールスターファーム(岩手の食肉マイスター)

から取り寄せたシャルキュトリー。

自家製の燻製やピクルス、ポテサラ、せせりストロガノ風など。

軽くつまむもガッツリ食べるも良し。

 

そんな感じです。

 

 

その日のラインアップはSNSを確認下さい。

 

スタッフも募集中です!

 

 

| 2018.06.16 Saturday * 22:54 | brewpub ErgoBibamus | comments(0) | - |
スタッフ募集!

 

君も西野ジャパンに入らないかい!

 

11人…は流石に無理ですが、

というか必ず1人雇うとも限らないのですが(^_^;)

 

求めるのはキッチン、ホール。

ブルワーは今回募集しませんが、この人なら!という方が現れれば考えます。

 

性別、年齢、国籍、学歴問わず。

勿論経験者やビールに詳しい方を優先しますが、そうで無い方でも可能性を感じればその限りではありません。

 

要は本気の人ならどんな経歴でも構わないという事です。

 

最初は時給1000円のアルバイトからですが、時給アップや社員昇格、給与アップはどんどん行うつもりです。

 

・時給1000円(22時以降1250円)

・17時から23時の間で3〜6時間

・週に2〜5日

詳細は問い合わせください。

 

EMAIL : t.nishino@h-ferventia.yokohama

 

| 2018.04.09 Monday * 23:07 | brewpub ErgoBibamus | comments(0) | - |
北仲通って知ってます?

 

すでに自力で発見された方もいらっしゃいますが(笑)場所を発表いたします!

 

横浜市中区北仲通2-20

 

今はまだ飲食店が充実したエリアではありませんが、北仲通の再開発が進行中でありこれからが楽しみな場所です。

向かいにはまだ新しいフレンチや二八蕎麦、鉄板焼き。うちの物件のお隣もフレンチが入ります。

 

赤レンガなんかも近いので観光ついでにも来てね!

 

 

行き方は、

 

関内駅北口改札を出たら右(馬車道側)へ。

セルテとファミマの間の道を関内桜通りと言うのですが、そこをずっとまっすぐ海側へ行ったところです。133号を渡った右側、県警本部のちょっと手前です。角地なのでわかりやすいと思います。

 

馬車道駅だと6番赤レンガ出口の階段を上って右に真っ直ぐ。

 

桜木町駅や日本大通り駅からも歩けます。

 

googlemapはこちら

 

 

 

| 2018.04.07 Saturday * 22:30 | brewpub ErgoBibamus | comments(0) | - |
名前の由来
ところで皆さん、店名なんて読むんだよとお思いでしょう。
口頭で伝えても「え、ええっ?」となりますが、

エルゴ ビバムス と読みます。

ラテン語で「さぁ、飲もう」という意味です。
なんでそんな面倒な名前にしたんだよと言われそうですが、いくつか理由があります。

まず、ビールというものがとても国際的であるということ。
色んな国の人に飲んでもらいたいし、特定の国の言語にするのもなぁとの思いがありました。

そして私が生物学を学んでいたこと。
生物の学名にはラテン語が使われます。
私は清酒酵母とbrettanomycesの研究をしていましたが、例えば清酒酵母はSaccharomyces cerevisiaeに属します。
サッカロマイセスと言う人もいれば、サッカロミケスやサッカロミセスと言う人もいます。

うん・・・ゆるい
学名なのに統一しなくていいの?と思いますが・・・
伝わりさえすれば言いやすいように言って良いよねって感じでしょうか。

お店の名前も、色んな国の人が呼びやすいように読んでくれて構わないと思いラテン語にしました。

Ergo bibamusは本来のラテン語発音だと「エルゴービバームス」となるそうですが、言いにくいので「エルゴビバムス」としておきます。
まぁ好きに呼んでください^^
| 2018.04.06 Friday * 17:31 | brewpub ErgoBibamus | comments(0) | - |
Brewpub Ergo bibamus

 

2018年5月中旬、横浜市中区にbrewpubを開きます。

西野貴大です。


Brewpub?という方も多いと思うので簡単に説明しますと、Brewery(ビールを造る工場)とBeerPub(ビールを主とした飲み屋)が一つになったお店です。

ビールを造るのに必要な免許は申請から許可まで時間がかかるので、醸造開始は夏頃になるかと思います。


「どんなビールを造るの?」とよく質問されますが、まだ免許もありませんしそのあたりは追々。

今言えるのは、ベルギービールがきっかけでビールを好きになりベルジャンビアバーで働いていたこと、修行先がベアレンであること、学生時代は清酒酵母とbrettanomycesを研究していたことですかね。

まぁスタイルにとらわれず色々造るつもりです。もちろん伝統的なのも。

 

なのでゲストビールもヨーロッパ、アメリカ、日本と様々提供したいと思います。

料理は決して多くはありませんが、ドイツの国家資格を持つ職人のソーセージなども出す予定です。

カウンター7席、テーブル16席、ブルワリーを覗いての立ち飲みが7席。


Ergo bibamus はラテン語で「さぁ、飲もう」という意味です。

ビールに詳しい人から初心者まで、一人でも大勢でも、嬉しい時、悲しいとき、色んなシーンで来ていただいたらと想います。

| 2018.04.05 Thursday * 12:03 | brewpub ErgoBibamus | comments(0) | - |


| 1/1Pages |