Brewpub Ergo bibamus

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SNS
Profile
Selected Entries
Categories
Archives





Sponsored
Others


駆け込み乗車はおやめください

醸造機器の搬入が遅れていて1週間ほどオープンが遅れそうです泗

 

 

さてさて、なぜ法改正前に駆け込み発泡酒免許取得が多かったのかというお話です。

 

日本ではビール製造免許を取るにあたり、最低年間製造量というものがあります。

それは60kl。つまり6万リットル。

 

最近増えたBrewpubで多いのが1仕込200lくらいでしょうか。

だとすると年間300回仕込まないといけません。

仕込んでから完成までに数週間かかります。その間タンクを占拠します。いったい何本のタンクが必要か。

絶対無理です・・・

グラスで300mlとすれば20万杯売らなければなりません。

絶対無理です・・・

 

発泡酒免許ならば最低年間製造量は6kl。つまり6千リットル。それなら30回仕込めばクリアできますね。

 

ビール免許を取ろうとすると、大掛かりな工場が必要でとてもお金がかかります。

 

その為これまでのbrewpubのような超小規模醸造所はビールと変わらないレシピの液体に、

オレンジピールなどビールの副原料に認められないものを入れて発泡酒としていた所が多かったわけです。

その副原料が味わいのためか発泡酒免許を取るための手法かはわかりませんが。

 

前回、節税(悪く言えば税金逃れ)のため大手メーカーが発泡酒をつくったとお話しましたが、

超小規模醸造所は極小資本でもビールを造る為に発泡酒という制度を利用したわけです。

 

それが法改正により、オレンジピールなど様々なものがビールの副原料に認められると、上記のような手法が使えなくなります。

 

また法改正により、それらビールに使用が認められるようになった副原料も、麦芽量に対し6%以上入れれば発泡酒となります。

 

仮にアルコール5%を200lとすると麦芽は40kg程ですから、2.6kgの副原料を入れなくてはいけません。

通常のベルジャンホワイトでも200lなら多くて0.6kgでしょうか。

オレンジピールを2.6kgも入れたら、もうオレンジピール酒ですね。

 

これまでの手法が使えなくなる。

だからこそ法改正前に発泡酒免許を取得してしまおうという方達が多かったわけです。

 

しかし、あくまでも国は健全に正しく酒税を徴収したいわけで、マイクロブルワリーの新規開業を阻止する理由がありません。

 

条文をよく読むと改正後発泡酒免許でも、法を守りつつこれまでどおりビールと遜色ないお酒が作れることはわかります。

いくつか醸造法方はありますが、私は最もコストがかからず味わいにもプラスな方法を選びました。

 

法改正後もブルーパブを開きたかったという方とたまに会いますが、諦めなくてい良いです。

急いで開業するよりも、醸造の勉強起業計画、資金集めに注力すべきだと思います。

 

 

| 2018.04.29 Sunday * 21:51 | ビール工房Spica | comments(0) | - |
ビールと発泡酒の定義が変わりました

写真は先日盛岡に遊びいった際の。ベアレン菜園マイクロブルワリーにて。

 

ビールの製造免許の申請書作成もいよいよ佳境…

 

提出にあたり複製も作るのですが、うん十枚もあるのでそれだけでとても時間がかかり疲れてしまいました…

プリンターのインクも無くなるしとても紙を使うし、エコじゃないなぁ。

 

ところで、私たちが取得するのは正式には発泡酒製造免許となります。

 

ここ数ヶ月、Brewpubが次々に出来たなぁと感じている方もいるのでは?

それは4月に法改正があり、その前に駆け込み的に発泡酒免許を取ってしまおうという方が多かったからです。

 

「法改正後の発泡酒免許ではちゃんとしたビールは造れない」なんて話を聞きますが、それは誤解です。

これまでどおり、法律上は発泡酒という名称だけど世界的にはビールとされる美味しい飲み物が造れます。

 

なので私たちは駆け込みで取ることなく、事業計画優先で改正後の発泡酒免許を申請する事にしました。

 

 

そもそも発泡酒とは日本独自のものです。

麦芽比率によって酒税が決まる日本独自の酒税のあり方に目をつけた大手メーカーが、節税の為に生み出したもの。

 

その一方で、日本におけるビールを定義する法律は100年以上前、明治時代に作られました。

当時はドイツの影響が強かった所為もあり、使用出来る副原料はとても限られていました(ばれいしょやコーンなど)。

時代が時代ですから、当時の人々はこんなにもビールには多様性があり、様々な副原料が使われるとは知らなかったのですね。

 

その為、例えばベルジャンホワイトは世界的にはビールとされていますが、日本ではビールの副原料に認められていないオレンジピールなどを使っているので、日本の法律では発泡酒とされてきました。

しかし酒税はまた別で、麦芽比率で変動しますからビールと同じ酒税を取られてきました。

 

世界的にはビールとされるものが、しっかり酒税を取られて節税でもなんでもないのに日本では発泡酒とされてしまう、いわば矛盾が生じたのです。

 

それが法改正によって使用出来る副原料が広く認められるようになり、ベルジャンホワイトのようなケースもビールと名乗れるようになりました。

 

なので今回の法改正自体は、日本のビールの定義が欧米に近づいたと言えるとても良い事です。

やはり近代ビールはヨーロッパの文化ですし、最先端を行くのはアメリカです。そういった国々に近づけるべきだと思います。

 

酒税の金額も欧米並みに下げて欲しいですね。

 

 

さて、長くなってしまいました…

 

何故法改正で発泡酒免許の駆け込み取得が多いのか、それは次回。

 

 

・5月中旬オープン

・キッチン、ホール
・20歳以上、性別経験不問
・時給1,000円〜(深夜1,250円〜)
・交通費全額支給
・賄い付き
・週2日〜
・学生/フリーター/ダブルワーク OK

社員も募集中!

西野まで連絡を

t.nishino@h-ferventia.yokohama

 

 

 

| 2018.04.26 Thursday * 12:13 | ビール工房Spica | comments(0) | - |


| 1/1Pages |