Brewpub Ergo bibamus

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SNS
Profile
Selected Entries
Categories
Archives





Sponsored
Others


今更ながら自己紹介を

お客さんと話しているとよくこんな話題になります。

「いったいどんな人が造ってるんだろう」


あまりにもブルワリーが増えすた為か、ビールを口にする以前に前情報で吟味しているんだとか。


あるブルワリーで1ヶ月研修したとか、あるブルワリーの醸造長だったとか。


一体どんなバックボーンがあって、どんな志で造っているのか。


確かにうちもそういった情報を発信してこなかったのでちょっとご紹介。


Brewpub Ergo bibamus というのは飲食店の店名です。併設のブルワリーはSpicaというブランドでもうじき稼働します。


オーナーは私、西野貴大。1988/1/21生まれ。横浜市の山の方で幼少期を過ごす。平成ジャンプしたおじさんです。


親会社も何も無く、国から借金をして開業した個人事業主です(お皿が100均なのは大目に見てね)。

そうオーナー兼ブルワー。

エルゴに来ても、ニシノはブルワリー準備や経理などであまりカウンターにいないかもしれません。会えたらラッキーぐらいに思ってください。

キッチンも主にニシノですので。


社員は一名。

ビールの知識は少ないですが何故かファンの多い看板娘?maki。



ざっくりニシノの経歴をお話しすると。


ひょんなことからワイン→日本酒にハマり、ベルギービールと出会い「ビールって面白い!」とビールの世界へ。

バイト代のほとんどを新宿フリゴや国分寺ガンブリヌスなどのビアパブで消費したり、友人を招いては色んなビールを試す日々。


同時期、大学で日本酒の研究室に。

非常に小さなサイズで実際に日本酒を造り、しぼっては測定する日々を送る。


卒業と同時に盛岡のベアレン醸造所の製造部へ。

ドイツの国家資格ブラウマイスターを持つ醸造長、ドイツから持ち込んだ博物館の様な施設、そんなベアレンでドイツ式の醸造を学ぶ。

ベアレンはドイツはもちろんのこと、ヨーロッパへのリスペクトが高かったためヨーロッパのビールについても多くを学ぶ。

約2年半お世話になるも横浜に帰る。


その後しばらく渋谷belgoなどユーロフレックス系列でアルバイト。


そしてベイブルーイングでチェコやアメリカのブルーイングを学ぶ。


といった感じです。



酒造のはじまりは遡ること11年前。

応用生物学部に在籍していたニシノ。


国内外のビールや日本酒、ワインにハマりだしたタイミングで、奇跡的にも日本酒を扱う発酵の研究室を立ち上げるとの話が。


飲むだけだったお酒を、仕事として造る。

そんな将来が見えたニシノは大興奮しながらも、猛勉強してその研究室に入るのでした。


既に麹が生えた状態の麹米と酒米、きょうかい酵母で三段仕込み。遠心分離をして清酒を造りそれを各種測定する日々。

菌は自ら培養管理する為、衛生管理にはうるさくなりました。

勿論、見学に行った酒蔵は皆ピッカピカに清掃されていたからという影響もあります。


日本酒とはいえビールも同じ醸造酒。

ビール造りに生かせる学びが多くありました。

更に小規模醸造故のテク、複数酵母を用いた発酵法は現代のBrewpubでも生かせる筈です。


Ergoに日本酒が置いてあるのもそんなルーツがあったりします(一番の理由はニシノが飲みたいからですが)。


次回はいざビール業界。

ベアレン編です。

| 2019.05.19 Sunday * 10:41 | - | comments(0) | - |









<< タップの裏側 | main | 今更ながら自己紹介 ベアレンとの出会い編 >>